仕事辞めたい_言えない

仕事辞めたいけど言えない7つの理由|辞められない場合の対処法と有効な相談窓口6選

仕事辞めたいけど、言えない…

人によって理由はさまざまですが、仕事を辞めたいと思っている人は少なくありません。

私たちには『働きたい場所で働く自由』があります。法律的にも、あなたは会社をいつ辞めてもよいですし、あなたが退社することを会社が拒む権利はありません。

この記事では「辞めたいけど言えない。」といった辛い状況を打破するための方法をお伝えします。

 

辞められない!で悩まない|信頼実績で選んだおすすめの退職代行サービス

退職代行サラバ(SARABA)|24時間対応・返金保証付・会社交渉可能
∟ 労働組合(ユニオン)所属のため会社との交渉も可【非弁/違法のリスクゼロ
∟ 費用:29,800円(追加料金なし)
∟ 運営会社:株式会社ワン/退職代行SARABAユニオン

辞めるんです|2018年の退職実績3,000件
∟ LINE相談可能
∟ 費用:30,000円(期間限定)
∟ 運営会社:イノベーションネクスト株式会社

 

1問目/3問中
あなたの性別は?

 

目次

仕事を辞めたいと言えない理由7つ

様々な理由があり、仕事を辞めたいと思っていても仕事を辞めたいと言い出せない方は多いと思います。

今回は仕事を辞めたいと言えない理由と、それぞれの理由に合わせた対処法をご紹介致します。

①人手不足だから

現在の職場で働いているあなたは辞めたいと思っていても、職場に人が足りていないことで辞めたいと言い出せずにいるかもしれません。

しかし、人手が足りないのはあなたのせいではありません。

今まで職場にお世話になったという気持ちや、自分だけが職場を辞めて同僚に迷惑をかけてしまうという思いがあるかもしれませんが、あなたの今後の人生の方が重要です。

世の中には人手が足りない企業もありますが、求人をかければすぐに募集人数をはるかに超える人が集まる企業もあるのです。

つまり、企業は人手を集めるための企業努力も必要なので、人手不足をあなたが気にする必要はありません。

②上司に引き止められるから

会社や上司による引き止めを恐れている方もいるかもしれません。

理由は上記のような人手不足を理由にしたものかもしれませんし、あなたを今まで育ててきた会社のコストを考えての引き止めかもしれません。

しかし、会社側は業績が悪くなれば一方的に社員をリストラする可能性もあります。

会社とあなたは雇用主と労働者という対等な関係なので、あなたが現状の会社に在籍する必要がないと思った時は会社や上司に引き止めることはできません

強引な引き止めや脅しはパワハラとみなされる場合があります。

③家族に反対されてしまうから

家族に退職を反対されている場合は、自分一人で勝手に決めるのではなく、相談して納得してもらう努力が必要です。

なぜなら、あなたが家族を養っている場合は、あなただけの問題ではないからです。

家族に反対されるということは何かしらの理由があるのではないでしょうか?

まずは、納得してもらえるような理由を考えましょう。

もし、次の転職先が決まっていなかったり、職場で起こった出来事で一時的な感情で止めようとしているのであれば、もう一度自分自身で考える必要があります。

④会社や同僚と気まずかったり、揉めることになってしまうから

退職をする上で、退職を伝えたその日に辞めることは基本的にないと思いますので、辞めるまでの期間が気まずかったり、自分の仕事を他の同僚が行うことになって申し訳ないという気持ちもあると思います。

しかし、現在の職場を退職し、新たな道を進むことを考えるならば、割り切るしかありません

多少の気まずさはあるかもしれませんが、辞めることが決まったからといって、残りの期間に仕事で手を抜いたりするのは辞めましょう。

むしろ、今まで以上に完璧に仕事をこなし、後から悪口を言われたりすることのないような心がけが必要です。

特に、転職先が同じ業界の場合は、辞め方が良くないと悪い噂が広まってしまうかもしれないので特に注意が必要です。

⑤次の転職先が決まっていないから

次の職場が決まっておらず、辞めたいと言えない場合は、先に転職活動を始めてしまいましょう。

退職後の生活に不安がある場合は辞めたいと言い出せなくて当然とも言えるでしょう。

中には今の職場で精神的、肉体的に参ってしまって、何も考えられないような方もいるかもしれません。

そのような場合は精神衛生上良くないので一刻も早く退職する手段を考える必要があります。

⑥波風を立てることをしたくないから

寿退社や家業を継ぐなど、自分だけでなく家族も関係するような理由であれば、多少の言いづらさはあるかもしれませんが、会社も納得せざるを得ない場合が多いでしょう。

しかし、今の職場に不満があったり、新しい業界にチャレンジしたいなど、自分の中に理由がある場合は、言いづらさはあると思います。

人に気を使う人や気が小さかったりする人だと自分のことより周りのことを優先してしまい、自分の退職したい気持ちを押し殺してしまうかもしれません。

しかし、あなたの人生のために退職が最善だと考えるならば、勇気を持って実行に移すべきです。

⑦面倒な事をするくらいなら現状維持を選んでしまうから

退職を考えてはみるものの、結局現状維持を選んでしまう方は、強い意志で退職を望んでないのかもしれません

しかし、本当にそれで良いのでしょうか。新しい環境にチャレンジするのは誰でも勇気がいります。

その一歩が踏み出せない事であなたの可能性を潰してしまっているのであらば、非常にもったいないです。

退職の意思はあるものの、どうしても現状維持を選んでしまうのであれば、退職するメリットを考え直してみましょう

 

【状況別】辞めたいと言えない場合に頼れる相談先6つ

仕事辞めたい_相談先

退職代行業者|辞めたくても怖くて言い出せない場合

最近流行りのサービスですが、あなたの代わりに『退職の意思』を会社に対して伝えてもらえます。

退職代行サービスを利用すれば、自分で退職を切り出す心理的ハードルがなくなります

多くの人は自分で退職を切り出し、会社とよくよく話し合って退職していきますが、それができない、難しいという人もいます。

このような人にとっては、第三者に間に入ってもらい、会社に直接退職の意思を伝える必要がないというだけでも助かるのではないでしょうか。

信頼実績で選んだおすすめの退職代行サービス

退職代行サラバ(SARABA)|24時間対応・返金保証付・会社交渉可能
∟ 労働組合(ユニオン)所属のため会社との交渉も可【非弁/違法のリスクゼロ
∟ 費用:29,800円(追加料金なし)
∟ 運営会社:株式会社ワン/退職代行SARABAユニオン

辞めるんです|2018年の退職実績3,000件
∟ LINE相談可能
∟ 費用:30,000円(期間限定)
∟ 運営会社:イノベーションネクスト株式会社

転職エージェントのアドバイザー|転職先が決まっている、転職したい業界がある場合

より具体的な未来を見据えて、チャレンジしたい事がなんとなくでも決まっていれば、退職することにより転職する事を先に考えましょう。その際は転職のエージェントへの相談が望ましいです。

まずは転職サイトに登録し、気になった求人をエージェントに相談する形が良いでしょう。転職先が先に決まれば、あとは退職を現在の職場に伝えるだけです。

1問目/3問中
あなたの性別は?

 

友人や上司|客観的なアドバイスが欲しい場合

まだ退職を決定したわけではなく、どうしたら良いかわからない場合は信頼できる友人や上司に相談してみてはいかがでしょうか

注意点としては、あなたの事を分かってくれた上で第三者目線のアドバイスをしてくれるかどうかが重要です。

できれば複数人に相談する事で、様々な視点からみた意見を集めた方が良いでしょう。また、上司に相談する場合は話がこじれる場合が考えられますので、相談する相手は見極めましょう。

精神科のカウンセラー|仕事や職場の人間関係が辛い場合

毎日の仕事や職場への出勤が辛いと感じている場合は、心療内科やメンタルヘルスのカウンセラーへの相談が必要かもしれません。

精神的に疲れてすぎてしまうと先のことを考える事が出来なくなってしまいます。

なのでまずは、ネット上でも行えるセルフチェックを行なってみて、自分自身の症状がどの程度が確認してみてください

心療内科やカウンセラーというと敷居が高く感じてしまうかもしれませんが、誰しも同じ仕事を同じようにできるわけではないので、気にすることはありません

あなたの体が何よりも大切です。

弁護士など|職場のトラブルに悩んでいる場合

職場のパワハラやセクハラ、その他のトラブルにお悩みの方は、専門の機関にご相談されることをおすすめします。

「労働トラブル 相談」と検索すると、厚生労働省のホームページから各都道府県の相談コーナーが紹介されています。

また、国が設立した法律相談ができる「法テラス」や、労働問題が得意な弁護士を探せるポータルサイト、法務省が管轄する「みんなの人権110番」などもあります。

【労働問題弁護士ナビ】未払い残業代請求などが得意な弁護士が探せる
3.0

労働問題弁護士ナビ

残業代請求・不当解雇が得意な弁護士に無料相談できる

『労働問題弁護士ナビ』は、会社で働く上で起こった労働問題(未払い残業代や不当解雇など)の解決が得意な弁護士に無料相談ができます。電話・メールで24時間相談でき、休日・夜間対応可能な弁護士も多数在籍。労働問題でお悩みの方は、弁護士を見つけてお悩み解決の第一歩を踏み出しましょう。

 

企業の担当者|転職のイメージを湧かせたい場合

すぐに退職を考えているわけではないが、イメージを湧かせたい方は、転職フェアや転職セミナーに行ってみるのはいかがでしょうか。ネットで検索すれば各地域の開催情報を知る事が出来ます。

実際に参加することで、様々な企業を同時に知る事が出来ますし、企業の人事担当者と話すこともできます。

また、転職サイトや求人媒体に掲載していない企業も参加している場合があるので、今まで全く意識していなかった企業や業界と出会えるかもしれません。

1問目/3問中
あなたの性別は?

辞められない会社はひとつもない|労働者はいつでも退職できる法的理由

雇用契約は2週間前に申し出れば解約(退職)できる

正社員の場合、2週間前までに退職の申入れをすれば、いつでも、どのような理由でも、雇用契約を解約することができます(民法第627条)。

ただ、契約社員で期間の定めがある雇用契約の場合

雇用契約の期間が1年を超えて定められている場合は「労働契約の期間の初日から1年を経過した日以後においては、その使用者に申し出ることにより、いつでも退職することができる」(労働基準法第137条)

とされています。

労働者による退職は基本的に自由

前述の通り、労働者の多くは自由に退職する権利が法律で認められています。

したがって、会社が上記のような退職を拒否するような言動に及んだとしても、一方的に退職することは殆どの場合で可能です。

また、会社の脅迫的言辞は、ほとんどの場合に法的理由を欠いていますので、通常は無視して問題ありません。

 

言いにくい『仕事辞めたい!』を言いやすくするポイント5つ

仕事を辞めやすく!

先に転職先を決めてしまう

退職を職場に伝える前に、転職先を決めましょう。

先に転職先を決めるメリットは2つあり、1つ目は、決まった以上は絶対に退職を伝えなければならないことです。

新しい職場が決まっていれば気持ちの決心がつきやすくなります。

2つめは気持ちが前向きになることです。

今の職場を辞めるために転職するのではなく、今後の自分のために、転職する上で退職する必要があると考えれば、ポジティブな気持ちで退職を伝えやすくなります。

退職理由を明確にする

なんとなく辞めたいと考えるのではなく、明確な退職理由を考えましょう。

自分と向き合い、考えた結果、退職する必要がないと判断するかもしれません。

退職理由が明確に決まっていれば、上司に辞める旨を伝え、引き止められたとしても自分の主張をしっかりと伝える事ができるでしょう。

退職を伝えるタイミングを見計らう

業務が忙しい時間帯や上司が忙しいタイミングに退職を伝えるのは避けた方が良いでしょう。

できれば、業務前や業務後など、同僚が少ない時間帯やできるだけ上司と二人きりになりやすいタイミングで伝えた方が良いでしょう。

または、相談がある旨を伝え、他の同僚に聞かれないような状況を作り出す方が伝えやすいでしょう。

退職を伝える練習をしておく

いざ、退職を伝えるために上司と向かい合っても、なかなか言い出せない方もいると思います。

実際伝えるべきタイミングでそのようなことにならないように、先に退職を伝える練習をしておくと良いです。

場合によっては、原稿を書いたり、上司に反論されそうな事をあらかじめ予想し、受け答えも練習すれば、堂々と退職する旨を伝える事ができるでしょう。

退職届けを書いてしまう

実際に上司を目の前にしても、考えてきた退職理由を話す事が出来ないかもしれません。

そのような場合のためにあらかじめ退職届けも書いておきましょう。最悪、退職する旨だけ伝え、退職届けを手渡す事で退職の意思を伝える事が出来ます。

しかし、退職届けを受理してくれない場合があるかもしれません。そのような場合は内容証明で退職届けを送ったり、退職代行に依頼するなど別の手段を検討する必要もあります。

 

仕事を辞めたい!と言う前に考えておくべき4つのこと

仕事を辞めたい!と思っているけど、「転職の不安」や「どうしようか」と悩んでいる人も少なくありません。

ここでは、辞める前に考えて欲しい4つのことをご紹介します。

休職や有給休を取ってゆっくり考えてみる

仕事に疲れていると、客観的な判断もできなくなっているかもしれませんので、一旦『休職』を考えてみるのもよいでしょう。

いきなり転職するのも良いですが、決まらないんじゃないかという精神的な負担もあります。

仕事を辞めてからの転職活動だと、常にお金の不安がつきまといます。そもそも、転職が成功するとは限りません。

休職して、少し休養してからどうするのかを考えみてもよいでしょう。

職場環境が悪いならどうすれば改善できるか考える

まずは、労働環境の改善をどうにか出来ないかを考えましょう。基本的に無理な働き方をさせることは法律でも制限されています。

毎月の残業45時間を超えるような過酷な環境でしたら「残業はどうやったら減らせるのか」、「人間関係が改善されれば働けるのか」など、対処法を考えてみましょう。

同僚との能力差に悩んでいるなら周りとの比較をやめる

仕事の結果を上司・会社からの評価や順位に重きを置いているので、終わりのない競争社会に嫌気が差しているのだと思います。

同じく、自分やお客さんの為に働く意識を持ちましょう。

理想としては、和気あいあいとしながらもお互いに高め合える関係です。自分やお客さんの為に働けば、社内に共感してくる人も出てくるでしょう。

それで孤立するようであれば、転職を考えても良いでしょう。

退職日までに引き継ぎや有休消化などを行う

退職届を提出したら、残りの日数は業務の引き継ぎや有休消化にあてましょう。

有給を消化する場合は、なるべく早い段階で上司に相談し、引き継ぎの妨げにならないようにしましょう。

もっとも、有休消化は労働者の権利であり引継ぎが完了しているか否かに問わず行使できます。

ただ、常識的には退職による混乱を避けるため、適切なタイミングで引継ぎを行っておく方がベターでしょう。

 

まとめ|転職は転職エージェントへ、退職は代行会社がおすすめ

転職か退職か

仕事辞めたいと言えない場合の対象法などについてご紹介してきました。

今までお世話になった職場を退職するのは体力も使いますし、気も使います。しかし、退職したいと考えるには前向きであれ、後ろ向きであれ、理由があります。

揉め事を起こしたくないと思ったり、職場や同僚に気を使ってあなたの未来が失われることだけは避けていただきたいのです。退職を言い出せない時は今回の記事を参考にしてみてください。

最後に、転職するならおすすめの転職エージェントと信頼できる退職代行会社を2つご紹介します。

 

転職サポートの実績で選ぶ|おすすめの転職エージェント

マイナビエージェント|転職サポートで選ぶならNo.1のエージェント
Type転職エージェント|20代から30代で初めて転職するならおすすめ
ジェイック(JAIC)|スキル・経歴に自信のない方の転職支援実績No.1

信頼実績で選んだおすすめの退職代行サービス

退職代行サラバ(SARABA)|24時間対応・返金保証付・会社交渉可能
∟ 労働組合(ユニオン)所属のため会社との交渉も可【非弁/違法のリスクゼロ
∟ 費用:29,800円(追加料金なし)
∟ 運営会社:株式会社ワン/退職代行SARABAユニオン

辞めるんです|2018年の退職実績3,000件
∟ LINE相談可能
∟ 費用:30,000円(期間限定)
∟ 運営会社:イノベーションネクスト株式会社