26歳_転職_未経験

26歳でも未経験転職が可能な理由と転職活動で押さえておくべきポイント5つ

26歳ともなれば会社の仕事も一通り覚え、1人前に扱われる様になった一方で、飽きや慣れが原因でマンネリを感じ始めている方も多いかと思います。

そうなると、脳裏に浮かぶのは「転職」の2文字。

年齢を考えると、何度もチャレンジできる機会はないかもしれません。なら、この機会に未経験職へ転職しようと考える方も多いのではないでしょうか。

ただ、世間一般だと26歳は第二新卒に含まないので、未経験職へのチャレンジは少々難しいかもと不安になりますよね。

最悪、年収が下がり、これまでのような順風満帆なキャリアを歩むのは難しくなるかもしれません。どちらを選ぶのが正しいのか答えはありませんが、できれば皆様には後悔のない選択をしてほしいところです。

この記事では、26歳の転職事情と未経験職への転職を成功させる方法や注意点を詳しく解説します。

 

1問目/3問中
あなたの性別は?

26歳の転職事情|未経験職種への転職はもう遅い?

未経験職への転職を目指す場合、26歳という年齢がネックになるのではと不安になりますよね。

新卒、第二新卒と比べると若くないため、「いまさらチャレンジしても手遅れなんじゃ…」と悪い方向に考えてしまいがちです。

この項目では、26歳の転職事情と企業目線での市場価値について説明します。

20代後半で転職に成功している人は多い

20代後半というのは、実は一番転職に成功している人の割合が多い年齢

転職成功者の年齢割合

引用元:みんなは何歳で転職している?転職成功者の年齢調査(2019年上半期)|DODA

中途採用を狙う企業が多い

他の年代に比べて20代後半の転職希望者が多い、中途採用で狙っている企業が多いことが理由に挙げられます。

20代も後半に入ると仕事に慣れはじめ、将来について考える余裕ができると同時に、一度きりの人生を後悔なく行きたいと考える方が多いのかもしれません。

企業から見て26歳は若さと経験の両方で期待できる年齢

未経験職に転職する場合は、若ければ若いほど有利なのは周知の事実かと思います。

そのため、新卒、第二新卒と比べてしまい、26歳の年齢で未経験職に転職するのは難しいのではと思いがちですが、全体からみれば26歳も十分若手です。

まだまだ今後の成長が期待できますし、社会人として必要なビジネスマナーや教養が身についていることを考えれば、企業側がみれば未経験採用でもお釣りがくるといえます。

アプローチ次第で26歳でも未経験職種への転職は十分可能

結論から言えば、26歳でも未経験職種への転職は十分可能です。

ただし、20代前半の方と同じように、やる気や若さを武器にしたアプローチ方法ではいけません。

若い人たちに比べて何ができるのか、あなたを雇うことにどんなメリットがあるのかをアピールし、他のライバルと差別化を図ることが大切です。

女性の場合は年齢のメリットを受けづらい

女性の場合、26歳という年齢のメリットは受けづらいかもしれません。というのも、結婚や出産、育児によって、雇ってもすぐに辞めてしまう可能性があるからです。

特に未経験の場合は、一から育てることになるため、戦力と数えられるようになるまでは時間がかかります。

せっかく、戦力として期待できるようになった時に、結婚や出産で抜けられるを避けたいのが企業の本音です。

そのため、女性の場合は男性に比べて、シビアに見られると考えて転職活動に臨んだほうがよいでしょう。

 

26歳で未経験職への転職を成功させるポイント5つ

未経験職への転職を成功させるには、片っ端から求人に応募して結果が出るのを待つのも一つの手ですが、あまり要領がよいやり方とは言えません。

せっかく採用されても、実はブラック企業であったということもありえます。

いくつかのポイントを押さえて転職活動をすることで、良い企業と巡りあえる可能性を高めることができます。

未経験職への転職が成功に近づく5つのポイント

  • 会社で取り組んだことを言語化できるようにしておこう
  • アピールすべきは成果じゃなく過程
  • 教えてもらおうという姿勢は捨てる
  • 転職エージェントで業界の状況を見極める
  • 企業に直接応募する

転職活動で失敗して後悔することがないよう、きちんと確認しておきましょう。

仕事で取り組んだことを言語化できるようにしておこう

いままでに会社で取り組んだことを自分自身の言葉で、きちんと説明できるようにしておきましょう。

たとえ、いまの仕事とは全く違う分野に転職するつもりだとしても、これまでに身につけたスキルや経験は、何かしらの形で応用が利くものです。

そのため、自分にどのようなスキルや経験が身に着いているのか言語化し、履歴書や面接で話せるような形に落とし込んでおく必要があります。

アピールすべきは成果じゃなく過程

仕事で出せた成果をアピールするのは悪いことではありませんが、企業側からすると、その結果が出るまでの過程のほうが気になります。

成果を出すためにどんなことを取り組み、課題に直面した際、どのような対処を取ったのかなど、具体的な過程にこそ企業が知りたい情報が詰まっています

過程が具体的に話せるということは、自分で考え行動をとっていたということ。未経験で雇ったとしても、将来的に戦力となってくれることが期待できるのです。

反対に成果の部分ばかりを強調すると、話を盛っているのではないか、作り話なのではないかと疑われてしまうでしょう。

教えてもらおうという姿勢は捨てる

未経験転職で気をつけたいのが、仕事に必要な知識は会社で教えてもらおうという受身な姿勢です。

はじめて転職する方は、未経験だから新卒社員のように、手取り足取り教えてもらえると思うかもしれません。

ですが、いくら未経験とはいえ、中途採用の社員に一から仕事を教える会社はまずないです。最低限、必要なことを教えたら、あとは実践あるのみです。

自分から率先して仕事を覚えに行かないと、周囲についていくことができず、新しい職場で働くのが嫌になってしまうでしょう。

また、エンジニアやプログラマー、デザイナーなどの専門職は、働く前から自習していないと、転職すること自体が困難なので注意してください。

転職エージェントで業界の状況を見極める

憧れややりがいを優先するあまり、業界の悪い部分に目がいかず、転職後に後悔してしまうというミスは未経験者にありがちです。

隣の芝生は青く見えるもので、今よりはマシだろうと安易に結論を出すのは危険といえます。

転職してしまった後に、こんなはずじゃなかったと後悔することがないように、転職エージェントを利用して業界の状況を把握しておきましょう

転職エージェントはさまざまな企業と直接やり取りしているため、かなり業界事情に詳しく、豊富な情報をもっています。

情報の真偽を判断するのが難しい未経験者だからこそ、転職エージェントを有効活用して、転職活動を進めていきましょう。

企業に直接応募する

転職エージェントを有効活用したほうがいいと前述しましたが、未経験転職の場合は任せきりにせず、自身でも求人サイトや企業HPから直接応募しましょう

転職エージェント経由で人材を募集している企業の多くが求めているのは即戦力です。なので、未経験者の場合、希望に合う求人の紹介が得られにくい傾向にあります。

そのため、未経験職への転職を成功させたいのであれば、転職サイトとエージェントの両方を併用するのがおすすめです。

 

26歳で未経験職を目指す方におすすめの転職エージェント

転職エージェントを選ぶ際、とりあえず有名・目に留まったところに登録してしまう方も多いのではないでしょうか。

一見、サービスに差がないようにも見えますが、実は各社それぞれに特徴があり、目的に合わせて選んだ方が効率よく転職活動を進められます。さらに言うと、各社の足りない部分を補う形で併用すれば、網羅的に情報が集められます。

この項目では、おすすめの転職エージェントの特徴と組み合わせを紹介しますので、参考にしてみてください。

「転職エージェントってそもそも何?」という方は、こちらの記事を先に読んでおくことをおすすめします。

キャリズム

転職エージェントは転職する際のとても心強い味方になってくれますが、利用するときの注意事項もあります。今回は転職エージェン…

男性におすすめしたい転職エージェント

転職エージェントは大まかに、

  • 大手総合型エージェント
  • 中堅総合型エージェント
  • 専門特化型エージェント

に分類できます。

各分類のエージェントを1社ずつ、もしくは、うち2つを目的に応じて選ぶのが、おすすめの組み合わせです。

各分類の中で、男性におすすめの転職エージェントと特徴は以下の通り。

大手総合型エージェント

エージェント名 特徴
doda 業界トップクラスの求人数を誇る
リクルートエージェント 求人数20万件以上。サポート体制に多少難あり。

中堅総合型エージェント

エージェント名 特徴
パソナキャリア 2019年転職エージェント顧客満足度総合NO.1(オリコン調べ)
マイナビエージェント 手厚いサポート体制が20代から高評価

専門特化型エージェント

エージェント名 特徴
マイナビジョブ20’s 社会人経験が浅い方におすすめ!20代・第二新卒向けエージェント
ギークリー 未経験からプログラマー・エンジニアを目指したい方におすすめ!IT業界特化型エージェント

大手総合型エージェントは幅広い分野の求人が集められます。中堅総合型エージェントは、大手に比べて求人数は劣るものの、サポートの手厚さに定評あり。

特化型エージェントは、特定の分野や利用者を対象としているため、より深い情報や珍しい求人を得られる可能性が上がるという強みがあります。

女性におすすめ

女性の場合は、大手総合型・専門特化型エージェントにプラスして、女性の転職支援に力を入れているサービスを利用するのがおすすめです。

中でも、おすすめなのが以下の2社。

エージェント名 特徴
パソナキャリア 親身かつ素早い対応ができる体制が整っており、女性からも高評価
type女性の転職エージェント 20年近く女性の転職支援に力を入れている老舗エージェント

考えなくてはならないことが多い女性の転職においては、求人の質という観点のほかに、親身な対応が期待できるかどうかも重要かと思います。

どちらのエージェントもサポート体制に定評がありますので、転職を考えている女性は登録して損はありません。

 

26歳で未経験職に挑戦する際の注意点

未経験職に挑戦することが、必ずしも良い結果につながるとは限りません。勢いだけで転職して、後悔することもありえます。

もちろん、やり直しがきかないというわけではないですが、人によってはかなりの苦労することも…。

不用意な失敗を避けるためにも、26歳で未経験職にすることの注意点を確認しておきましょう。

年収が下がるかもしれない

未経験職に転職する場合、新卒の初任給と同程度の給料設定になることが多いので、年収が下がってしまう可能性があります。

特に大企業や外資系などに勤めていた方は、年収ダウンを受け入れないと転職は難しいでしょう。

退職の手続きは計画的に

在職中の方は転職活動と並行して、退職手続きを計画的に進めておきましょう。

退職にかかる期間は、引継ぎを含めて一般的には1ヶ月程度ですが、会社によって設定期間はまちまちなので、就業規則を事前に確認しておいてください。

退職を拒否したり、申出の期間を3ヶ月以上前に設定したりすることは、法律上認められていません。もしそうした問題に直面した場合は、近くの労基署へ相談に行きましょう。

有給休暇が残っている方は、退職前に消化するのを忘れずに。退職してからの有休消化は認められません。また、就業規則に有休買取に関する規程がない場合は、会社が買い取る義務はないので注意してください

キャリズム

仕事を辞めたあと、すぐに次の仕事が決まっていないのであれば、これからご紹介する『雇用保険』『健康保険』『年金』『確定申告…

転職回数の多さがネックになることもある

転職回数の多さは、採用側からするとマイナスな印象を抱きます。というのも、雇っても嫌なことがあったら、すぐに辞めてしまいそうだからです

26歳の時点で既に複数回の転職を経験している方は、すぐに転職先が見つからない可能性があることを覚悟しておきましょう。

ただし、納得できる転職理由がある場合には、それほどマイナスにならないので安心してください。

高卒だと応募できる求人が制限される

高卒と大卒では、同じ26歳でも多少転職活動に違いがあります。

一部の求人は、大卒以上を条件に募集をかけている場合があり、高卒だと応募できないわけではないですが、書類選考の時点で落とされる可能性が高いかもしれません。

だからといって、高卒であることに引け目を感じる必要はないです。高卒で就職した方は、大卒者に比べて社会人経験が豊富なのが強みになります。

自身の経験をきちんとアピールできれば、転職活動もスムーズに進められでしょう。

 

まとめ

第二新卒の年齢を過ぎてしまったとはいえ、26歳はまだまだ若手。未経験職への転職を諦めなくてはならない年齢ではありません。

しかし、いくら若手といっても、20代前半と同じようなアピールをしていてはダメです。これまでの経験が新しい環境で、どう活かせるのかを伝えられるようにしておく必要があります。

26歳で未経験職への転職を成功させるためには、以下のポイントを押さえておきましょう。

 

  1. 会社で取り組んだことを言語化できるようにしておこう
  2. アピールすべきは成果じゃなく過程
  3. 教えてもらおうという姿勢は捨てる
  4. 転職エージェントで業界の状況を見極める
  5. 企業に直接応募する

 

30代になると転職の難易度が上がるため、20代後半はチャレンジできる残り少ないタイミングです。

いつか後悔することがないよう、全力で転職活動に臨みましょう。