20代前半の転職事情

20代前半の転職事情|転職しやすい職種と成功のポイント【後悔しない選択をするには】

20代での転職は需要も多いため成功しやすい。ただし転職の成功とは内定をもらうことだけでなく“後悔しない選択をする”ことです。

この記事では、本当の意味で転職を成功させるための考え方を紹介します。

 

1問目/3問中
あなたの性別は?

退職代行jobs|顧問弁護士が表に立って適正化を行うサービス
∟ 24時間|LINE・メール相談可能
∟ 費用:29,800円
運営会社:株式会社アイリス

退職代行サラバ(SARABA)|24時間対応・返金保証付・会社交渉可能
∟ 労働組合(ユニオン)所属のため会社との交渉も可
∟ 費用:27,000円(追加料金なし)
運営会社:株式会社スムリエ/退職代行SARABAユニオン

EXIT(イグジット)|メディア等で最も話題のサービス
∟ 即日対応、相談料無料
∟ 費用:50,000円(アルバイト30,000円)
運営会社:EXIT株式会社
広告

目次

20代前半のリアルな転職事情|転職は賢い選択?描けるキャリアは?

20代前半の転職事情

20代前半は転職しやすい年代

まず、前提として20代前半という年代は転職しやすいことを知っておきましょう。

転職しやすい、つまり企業からの需要がある理由としては、

  1. 社会人経験があるため、最低限のビジネスマナーが身についている
  2. 勤続年数が短く、業界や企業の色に染まりきっていないため教育しやすい
  3. 若い年代のため、即戦力にはならなくても1から仕事を教えるつもりで募集しやすい

ということが挙げられます。

言い換えてみれば、企業にとって20代前半の転職者というのは“扱いやすい人材”だとも言えるでしょう。

1から仕事を教えるつもりで募集する企業がほとんどのため、未経験業界・業種にチャレンジするのにも20代前半は最も適した年代だと言えます。

第二新卒とは|新卒・既卒との違いとどのような人材かをわかりやすく解説

20代前半に多く見られる転職理由は?

転職理由は人によって様々ですが、中でもよく見られる転職理由というのは限られています。

この記事を読んでいる方の中にも、以下のような理由で転職を考えている方は少なくないはずです。

  • やりたい仕事が他にできた
  • 人間関係が上手くいかなかった
  • 業務内容に魅力を感じない
  • キャリアップを目指したい

どの転職理由も、新卒で入社して数年経った時期にほとんどの人に現れる悩みだと言えるでしょう。

 

転職に悩む20代
数年ですぐに辞めてしまうなんて、根気のない人材だと思われるかな…

 

と不安に思うこともあるかもしれませんが、そんなことはありません。

今自分の頭に浮かんでいる転職理由を少しずつ掘り下げいき、より明確に語ることができれば企業側に自分の熱意をしっかりと伝えることができます。

転職後に目指せるキャリアは

20代前半の転職者が、転職と同時にキャリアアップできることはほとんどあり得ません

なぜなら、まだ特筆できるスキルや実績が身についていない人材に重要なポジションを任せることはできないからです。

ということは、転職後にスキルと実績を少しずつ身に着けて年齢と共にキャリアアップを目指していくことになります。

具体的なキャリアの道筋としては、

  1. リーダーシップや提案力を磨き、リーダー職など責任あるポジションを狙っていく
  2. 専門技術を磨いて、技術力を武器に収入を上げていく
  3. 起業を目指す、フリーランスとして独立する

といったところでしょうか。

大切なことは、最終的に自分がどうなっていたいのかを考え、そこから逆算して転職先を決めることです。

こういった“キャリアプラン”の重要性は、この後詳しく解説していきます。

ただし、そもそもキャリアアップがしにくい業界・業種もあるということは知っておかなければなりません。

キャリアアップを目指している人は、退職理由の上位に「キャリアアップが望めない」がランクインしている業界・業種を選ばないのが得策です。

第二新卒の転職理由はどう伝えるべき?面接官が採用したくなる回答とは

 

20代前半の転職で失敗する人の特徴は3つに分類される

20代前半は転職しやすい年代なのにも関わらず、「転職で失敗した」と感じている人は少なくありません。

そもそも内定がもらえないという人もいれば、転職先の企業にまた新たな不満を抱えて「失敗した」と感じる人もいます。

では、それらの人に共通する特徴とはなんなのでしょうか。

能力が足りない

先に述べたように、企業が20代の転職者に求めるのは主にポテンシャル、人物的な素養です。

ポテンシャルが低い、能力が低いという印象を与えてしまえば、いくら年齢が若いといえど内定はもらえません。

具体的に言えば、自分のキャリアプラン・ライフプランに対する考えが浅い、転職理由が明確でない、面接で上手く話せない、といった人材は能力が低いとみなされてしまいます。

自分の今後について深く考え、転職理由を明確にし、可能な限り複数の企業に応募して面接の場数を踏むことで、自分のポテンシャルを上手くアピールできるようになりましょう。

転職理由がネガティブ

  • 「給料が少ない」
  • 「人間関係が上手くいかない」
  • 「業務内容がつまらない」

など、転職の理由がネガティブなものである人も少なくないと思います。

でも、企業からするとネガティブな理由で転職を考えている人に対しては

ウチにきてもまた同じような理由で退職してしまうのではないか?

という印象を持ってしまいます。

転職をすることで何がしたいのか、企業にどうやって貢献したいのか、そういったことを伝えるためにも、ネガティブな転職理由だけを並べないようにしましょう。

先を見据えずに転職してしまう

  • 「とりあえず今よりも休みを多くしたい」
  • 「もっとお金が欲しい」

というように、目先のストレスを解消するためだけに転職をすると、それ以外の不満が必ず転職先でも生まれてきます。

逆に、自分の目標が見えていて、転職理由が明確になっているのであれば、転職先で新たに生じた多少のストレスは気にならなくなります。

例えば「自分は将来企画職に就くためにこの転職先を選んだんだ」と考えることができれば、多少のストレスは許容し、前向きに仕事ができるはずです。

先を見据えずにした転職は、仮に内定をもらえても後で後悔する可能性が非常に高いということを覚えておきましょう。

 

20代前半で転職を成功させる7つのポイント

20代前半_転職成功

退職理由を明確にしてブレないようにする

例えば“休みが少ない事”が退職理由だとしても、転職活動を続けていくうちに“魅力的な企業だけど休みが少ない”という案件に出会い、そこで悩んでしまうこともあるかもしれませんが、そこは注意しなければならないポイントです。

休みが少ないと自分は仕事が続けられない」と分かっているのに、そこがブレてしまってはまた同じ失敗を繰り返すことになります。

転職活動の中で魅力的な企業を見つけたとしても、「なぜ自分は転職を考えたんだっけ?」と常に自分に問い続け、退職理由を明確にしておきましょう。

転職に求めることを明確にする

退職理由を明確にするのと同時に、自分が転職に何を求めているのかも明確にする必要があります。

具体的に言えば、転職する上で絶対に譲れない条件を決めておくということ。

収入であったり、今後のキャリアのために必要なスキルの習得であったり、転職に求めることは人それぞれ違います。

先を見据えずに転職するのと同様に、転職に自分が何を求めているのかを明確にしていないと転職後に後悔することになってしまうでしょう。

また、転職に求めていることを明確にすることで、面接の際に企業側に自分の具体的なビジョンを語ることができ、それは好印象を与えることに繋がります。

在職中に転職活動をする

若いからすぐに転職先が見つかるだろう」という安易な気持ちで転職先が見つかる前に退職してしまうことはお勧めしません。

もちろん、退職してから転職活動をする方が時間を十分に確保でき、素早く転職先を見つけられる可能性が高いとも言えますが、転職先がすぐに見つかる保証はどこにもありません。

退職後、すぐに転職先が見つからない場合にはどうしても焦りが生まれ、それによって妥協が生まれてしまいます。

「少し妥協しているけど、このまま無職でいるのはまずい」

という理由で転職先を決めてしまうなんて、本末転倒です。

そうなってしまわないためにも、転職活動は在職中に行う方がベターです。

複数の方法で転職活動をする

転職サイトで求人を見て企業に応募する、というだけが転職活動の方法ではありません。

また、転職エージェントに任せておけば自分に合った転職先を見つけてくれるだろう、という考えも間違いです。

転職を成功させるためには、複数の方法で転職活動を進めることが非常に重要。

複数の方法を取ることで、まず情報収集を素早く行うことができますし、様々な視点から自分の転職活動を分析することができます。

転職サイトやエージェントを利用するだけでなく、転職セミナーに参加したり、実際に転職に成功している周りの人に話を聞いてみたり、常に複数の方法で転職先を見つける努力をしてみましょう。

一つの方法を取っているよりも、明らかにスムーズに転職活動が進んでいくことを実感できるはずです。

複数の企業に応募する

複数の企業に応募する最大のメリットは面接の経験を積めること。

どんなにポテンシャルの高い人材でも、初めての面接で自分の魅力を十分にアピールすることは非常に難しく、そのためにも応募は複数の企業に行うべきなのです。

また、そもそも本命の企業から内定がもらえないことだってあり得ますから、一つの企業だけに的を絞って転職活動をするのではなく、本命ではない企業にも応募するようにしましょう。

ライフプラン・キャリアプランを考える

先にも少し述べましたが、ライフプラン・キャリアプランを考えるというのは自分の目標から逆算して今取るべき行動を考えるということ。

  • 「休みが欲しい」
  • 「お金が欲しい」

という目先の利益だけではなく、「将来こうなっていたいから、今収入の多い職に就いておきたい」というように自分の将来について考えてみましょう。

あなたは30代、40代になった時、またはさらにその先の人生でどんな自分になっていたいですか?

  • 「自分の開発した商品で世の中の役に立ちたい」
  • 「家庭を持って年に一度旅行に行けるようになっていたい」

など、その内容はどんなものでもいいのです。

漠然と自分の最終目標が決まれば、後はそのために今何が必要かをリサーチし、行動に移します。

1:世の中の役に立つ商品を開発したい

2:企画職に就く、もしくは実際に開発ができる技術職に就く

3:企画職に就くのならば、それに必要な営業経験を積む

というように、自分の目標を決めることで今の自分が何をすべきかが明確に見えてきます。

将来自分がどうなっていたいのか、まずは漠然とでいいので考えてみましょう。

企業が20代前半に求めていることを理解する

内定をもらうためには、企業が何を求めているかを理解し、それを確実にアピールすることが大切です。

企業が20代前半に求めていることは特筆できるスキルや実績ではなく、その人のポテンシャル、そして最低限のビジネスマナーである、ということは既にお話ししましたね。

もちろん特筆できる実績があるのならばそれをアピールすべきですが、そういったものがないのであればそれを気にすることありません。

スキルや実績がないことはあまり気にせず、自分がいかに有能な人材か、この先どれほど企業に貢献できるかを伝えましょう。

 

20代前半で未経験でも転職しやすい業界・業種

20代のキャリアアップ

基本的にはどの業界も歓迎傾向

ここまでお話ししている内容の通り、20代前半の転職者というのは企業からすると非常に価値のある人材で、それは基本的にどの業界にも言えることです。

ここから、特に転職しやすい業界をご紹介していきますが、他に目指している業界・業種があるのであれば臆することなくチャレンジすることをお勧めします。

人手不足の介護・運送・飲食業界

特に転職しやすいと言われるのは、人手不足の業界です。

少子高齢化等の影響で人手が不足している介護業界に加え、ハードワークな印象から長く続けられないと見られやすい運送業界や飲食業界も常に人手は不足しがちです。

特に業務の内容にこだわりがないのであれば、このあたりの業界の中から自分のライフプランに合ったものを選ぶのがベターでしょう。

 

 

20代前半の転職希望者が抱える不安とアドバイス

では最後に、20代前半の多くの転職者が抱えている不安について、見ていきましょう。

未経験でスキルもないけど転職可能?

企業は20代前半の転職者にスキルや経験はほとんど求めていません。

何故ならその年代で特筆できるスキルや経験があることなんてほとんどないからです。

つまり、未経験でスキルがなくても転職は十分に可能です。

逆にこれから年齢を重ねるにつれて企業からはスキルや経験を求められるようになってしまいますから、新しい業界に挑戦するなら今がベストだと言えます。

自分に合っている仕事が分からない

自分に合っている仕事”というのは、

  1. 自分の長所を活かすことで、比較的楽に結果を出せる仕事(収入・プライベート重視)
  2. 自分の長所は活かせないが、その仕事が好きなため苦労をしてでも続けていけると思える仕事(やりがい重視)

の二通りだと言えます。

もちろん、そのどちらにも当てはまる仕事があるのであればよいのですが、それはいわゆる天職と呼べるものです。

多くの人は自分にとっての天職がないから悩む

そうなった場合、この二つの選択肢のどちらかを選ばなければならず、そのどちらがより自分の人生の満足度を高めてくれるかを精査する必要があります

まずは自分の長所を分析し、自分が得意とする作業がどのようなものかを理解すること。

その上で自分がどのような人生を送っていきたいかを考えることで、自分に合った仕事が自然と見えてくるはずです。

また、そのように考えていくことで思わぬところに天職を見つけることができるかもしれません。

フリーランス・起業という選択肢はアリ?

起業を目指す場合も、フリーランスとしての独立を目指す場合も、大切なのは自分のキャリアプランをしっかりと練ることです。

今すぐに独立・起業の選択肢を取ることはあまりお勧めしません。

何故なら、それらの目標を達成するためには、ほとんどの場合ある程度の準備期間が必要になるからです。

「起業するために今必要なスキル・人脈・経験を得るために転職先を決める」という考え方の方が目標は早く達成できると言えるでしょう。

 

20代前半の転職で絶対に外さないおすすめの転職サイト・転職エージェント7選

まずは、20代であれば登録しておきたい転職サイト・転職エージェントを7社ご紹介します。

マイナビエージェント|面接対策・内定後の定着率に強み

  1. マイナビエージェントは、20代から高い支持を得ている転職エージェント
  2. 充実したサポート体制と高いマッチング力に定評
  3. 目先の結果だけではなく、5年、10年先を見据えたカウンセリングを行っている

今後成長が期待できる業界や企業、長く使えるスキルなど、キャリア設計を考えるうえで、役立つアドバイスが得られるでしょう。

【公式HP】 https://mynavi-agent.jp/

ジェイック|20代・社会人経験の少ない方に手厚いサポート

【ジェイック(JAIC)】初めての就職/転職に心強いサポート!フリーター・既卒・ニート就職専門の代表格
5.0

ジェイック

社会人としてのスキルや考え方も身につく就職支援の最大手

既卒・第二新卒・中退・フリーターなど経歴に自信のない方でも正社員への就職成功率80.3%という数字を実現。古くからフリーターや既卒・ニートを対象にした就職支援を行うリーディングカンパニー。

ハタラクティブ|書類選考の通過率が9割以上

  1. 第二新卒・フリーターや未経験者などにも対応している転職エージェント
  2. 履歴書や面接対策などのサポートが手厚く、書類通過率は90%以上、内定率は80.4%という実績
  3. キャリアアドバイザーは実際に企業に出向いていますので、内定後のミスマッチも少ない

入社までマンツーマンでサポートしてもらえますので、企業の選び方や自分の強みなどがよくわからないといった人におすすめの転職エージェントです。

【ハタラクティブ】書類選考の通過率9割・フリーターからの正社員就職におすすめ!【最短2週間で内定決定】
4.5

ハタラクティブ

20代がメインの若年層向けの転職エージェント

書類選考の通過率が9割を越えるため、今までの経歴に自信のない方でも結果に期待が持てるのが嬉しいところ。関東圏にお住まいの方で、 早いうちに自分のキャリアをリスタートしたい方にぴったり!

doda|求人数最多の転職サイト・幅広いキャリアの選択が可能

 https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/tenshoku-prod2/ckeditor_assets/pictures/1449/content_DODA.jpg

  1. 転職フェアや個別面談会などのイベントを頻繁に開催
  2. いきなりエージェントサービスを利用するのが不安な人におすすめ
  3. 企業から直接オファーが届くスカウトサービスや年収診断が充実

キャリアアップ査定といったツールも利用できるので、自分の市場価値を客観的に知ることができます。

【公式サイト】https://doda.jp/

マイナビジョブ20’s|今後のキャリアに本気で向き合う

  1. 『マイナビ』が運営する20代特化型の転職エージェント
  2. 転職を決めた人だけでなく、転職しようか迷っている人にもアドバイスが可能
  3. 今の会社に不満があるけれど、転職しようか迷っているといった人におすすめ

【公式HP】 https://mynavi-job20s.jp/

【マイナビジョブ20’s】20代・第二新卒に特化した就職支援エージェント!適性診断で自分に向いている仕事がわかる
4.8

マイナビジョブ20's

転職活動に慣れていない20代の方に対しての手厚いサポートが特徴

未経験転職で新しいキャリアについて考えている方から、経験を活かして若いうちからキャリアアップに積極的な方まで、多くの20代から支持されています。 若いうちに色んな環境でチャレンジしたい方におすすめ!

パソナキャリア|初めての転職も徹底カウンセリングと手厚いサポート

  1. キャリアアドバイザーの手厚いサポートに定評のある転職エージェント
  2. あなたの強みやあなたに最適な仕事などを面談で明確にしてもらえる
  3. 今後のキャリアがあなたにとって最適なのかも一緒に考えてくれる

【公式HP】 https://www.pasonacareer.jp/

エンエージェント|キャリアアップしたい方限定

  1. エンエージェントは職業別のキャリア支援に力のある転職エージェント
  2. 14種類ものキャリアアドバイザーが在籍しており、あなたの転職をサポート
  3. 業界に精通しているからこその本質的なサポートを受けられる

【公式HP】https://enagent.com/

 

20代の転職サイトはこう選ぼう!おすすめの転職サイト・転職エージェントと効率的に利用する方法

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

20代前半で転職を考える場合、内定をもらうことだけを目標にするのではなく、転職後に後悔しないように転職活動を進めていかなければなりません。

若いから何度でもやり直せると思うかもしれませんが、そうではなく、理想の30代、40代の自分になるためにやらなければならないことは必ず今目の前にあるはずです。

そこから目を背けたり、気づかないまま転職活動を進めてしまったりすることのないよう、自分のキャリアプランそして人生設計を改めて考えてみてくださいね。

転職エージェントランキング