ニートにおすすめの就職支援サービス4選を徹底比較|特徴と使い方

今まで働いた経験がないニートが、「そろそろまずい…!」と思って就活を始めようにも、何をやればいいのかわからないというケースは少なくありません。

Name
「さずがに、ニートのままじゃまずい…」
「ニートってどうやって就職活動を進めればいいんだろう?」
「ニートでも就職支援サービスって使えるのかな?」

学生時代は何も言わなくても誰かが手を差し伸べてくれました。ですが、学校を卒業したあなたは、もう学生ではありません。自分のことは自分で選んで決断する必要があります。

とはいえ、何のサポートもなしに、ニートの就活が上手くいくかといえば…。

じゃあ、ニートは社会復帰を諦めなくてはならないかというと、そんなことはありません。

就職支援サービス」をうまく活用すれば、脱ニートも可能です。

この記事では、ニート向けの就職支援サービスに関する疑問と使い方について詳しく解説します。また、ニートにおすすめの就職支援サービスも合わせて紹介します。

ニート向けの就職支援サービスに関する3つの疑問

就職支援サービスの存在はニートにはありがたいですが、利用するに当たり、不安や疑問を抱く方もいるのではないでしょうか。

この項目では、ニート向け就職支援サービスでよくある疑問をまとめたので、確認しておきましょう。

ニートを採用してくれる企業なんてあるの?

あなたが就活に不安を感じているのは、ニートを採用する企業がないと考えているからではないでしょうか。

近年では、人手が足りずに困っている企業は多くあります。

引用元:人手不足に対する企業の動向調査(2018 年 10 月)|帝国データバンク

本音を言えば、新卒や第二新卒、即戦力の社員が欲しいですが、優秀な人材は大手企業や勢いのあるIT企業に取られてしまいます。

それならば、ニートやフリーターであっても、性格的に問題なく、やる気や意欲を持っていれば採用しているのです

ブラック企業を紹介されないの?

就職支援サービスを利用する際に気になるのは、ブラック企業を紹介されないかではないでしょうか。

ネットで口コミを調べてみると、「ハローワークでブラック企業を紹介された」「○○にはブラック企業の求人しかない」などの書き込みが見受けられます。

実際、就職支援サービスの求人にブラック企業が含まれていないかといわれれば、おそらく含まれているでしょう。

ただし注意しておきたいのが、ブラック企業の定義は人によってブレがあることです。

法律に違反するやり方で、従業員を働かせる会社はブラック企業といえますが、「残業がある」「他の仕事より休日数が少ない」というだけで、ブラックだという人もいます。

あくまで、口コミは他人の価値基準で判断されたものなので、鵜呑みにせず、参考程度におさえましょう。

そのためには、仕事先に何を求めるのか、自分のなかで優先順位を決めておくことが大切です。

【関連記事】求人情報からブラック企業を見抜く4つの方法

各サービスが公表している実績ってほんと?

各就職支援サービスが公表している実績の真偽に関しては、外部の人間が判断することはできません。ですが、実績値を偽って広告を出すことは違法なため、良識ある企業であればやらないはずです。

とはいえ、企業側が出しているデータであるため、疑ってかかるのは間違いではありません。

本当に信用できるサービスか確認するために、

  1. 自分と似たような状況の人が、どんな企業に就職しているか聞いてみる
  2. 知り合いに利用した人がいれば使用感を聞いてみる

上記2つを確認してみましょう。

いくら高い実績があっても、あなたへのサービスが手厚くなければ意味がありません。自分と似たような人が、どのような職場に就職できたのか聞いてみましょう。

また、自身の周りで気になっている就職支援サービス利用者がいれば、話を聞いてみましょう。質が悪いサービスだった場合には、おすすめはしてこないはずです。

ニートにおすすめの就職支援サービス

就職支援サービスを利用してみたいけれど、どこを使えばいいのか迷ってしまいますよね。

この項目では、ニートの方におすすめの就職支援サービスの概要を紹介します。

基本的には、自分の希望する求人が多い、担当者との相性が良いなど、使いやすいと感じたサービスを使えばよいでしょう

転職エージェント|原則20代のみ

転職エージェントは、民間企業が運営する就職支援サービスです。「転職」とありますが、職歴がないニートやフリーター、既卒向けのサービスもあるため安心してください。

転職エージェントでは、求人紹介をはじめ、履歴書の添削や面接対策、キャリアカウンセリングなどのサービスを無料で受けられます

これまでに多くの求職者支援を行ってきたプロのカウンセラーに相談できるため、就活に不安がある方にはうってつけのサービスです。

ただし、ニートやフリーター向け転職エージェントの多くは、20代までの年齢制限を設けています。30歳以上で就職支援を受けたいと考えている方は後述するサービスを利用ください。

ニートにおすすめの転職エージェント

【ジェイック(JAIC)】初めての就職/転職に心強いサポート!フリーター・既卒・ニート就職専門の代表格
5.0

社会人としてのスキルや考え方も身につく就職支援の最大手

既卒・第二新卒・中退・フリーターなど経歴に自信のない方でも正社員への就職成功率80.3%という数字を実現。古くからフリーターや既卒・ニートを対象にした就職支援を行うリーディングカンパニー。

【ウズキャリ】働きやすい職場紹介に強み!ブラック企業排除を徹底
4.5

ブラック企業を徹底排除した求人への紹介にこだわり

就職内定率86%、入社後定着率95%を誇るオーダーメイドの面接対策に2時間を費やすなど、 本気で内定を勝ち取りたい20代のためのサービスです。

【マイナビジョブ20’s】20代・第二新卒限定! 若年層特化のエージェント!
4.8

マイナビジョブ20's

転職活動に慣れていない20代の方に対しての手厚いサポートが特徴

未経験転職で新しいキャリアについて考えている方から、経験を活かして若いうちからキャリアアップに積極的な方まで、多くの20代から支持されています。 若いうちにいろんな環境でチャレンジしたい方は、マイナビジョブ20’sのカウンセリングを受けながら自分のキャリアと向き合う機会を作ってみましょう!

ハローワーク|年齢不問

ハローワークは多くの方がご存知かと思いますが、求人紹介以外にも、さまざまな就職支援が受けられることはあまり知られていません。

希望をすれば、履歴書の添削や面接練習を行ってくれます。しかし、若干担当者の質に差があるようなので、注意しましょう。

また、公共職業訓練を利用したい方は、ハローワークでの応募が必要です。どこの就職支援サービスを利用するか迷ったら、まずハローワークに行ってみましょう。

ジョブカフェ|10~30代まで

ジョブカフェは、都道府県が主体的に運営を行う若者向け就職支援施設です。

ジョブカフェは通称であり、正式名称は“若年者のためのワンストップサービスセンター”といい、自分に合った仕事を見つけるのに役立つさまざまな就職支援が受けられます。

香川県を除く46都道府県に設置。設置場所の多くは県庁所在地で、都道府県によってはハローワークが併設されています。

【各地のジョブカフェ】
(クリックすると一覧表が開きます)
都道府県 名称
北海道 ジョブカフェ北海道(北海道若年者就職支援センター)
青森県 ジョブカフェあおもり(青森県若年者就職支援センター)
岩手県 ジョブカフェいわて
宮城県 みやぎジョブカフェ(みやぎ若年者就職支援センター)
秋田県 フレッシュワークAKITA
山形県 山形県若者就職支援センター
福島県 ふるさと福島就職情報センター
茨城県 ジョブカフェいばらき(いばらき就職支援センター)
栃木県 ジョブカフェとちぎ(とちぎ就職支援センター)
群馬県 ジョブカフェぐんま(群馬県若者就職支援センター)
埼玉県 ヤングキャリアセンター埼玉
千葉県 ジョブカフェちば(ちば若者キャリアセンター)
東京都 東京しごとセンター
神奈川県 かながわ若者就職支援センター
新潟県 若者しごと館
富山県 ヤングジョブとやま(富山県若者就業支援センター)
石川県 ジョブカフェ石川
福井県 ふくいジョブカフェ
山梨県 ネットジョブカフェやまなし
長野県 ジョブカフェ信州
岐阜県 岐阜県人材チャレンジセンター(ジンチャレ!)
静岡県 しずおかジョブステーション
愛知県 ヤング・ジョブ・あいち
三重県 おしごと広場みえ
滋賀県 ヤングジョブセンター滋賀
京都府 ジョブカフェ京都(京都府若年者就業支援センター)
大阪府 OSAKAしごとフィールド
兵庫県 若者しごと倶楽部(ジョブカフェひょうご)
奈良県 ならジョブカフェ
和歌山県 ジョブカフェわかやま(和歌山県若年者就職支援センター)
鳥取県 とっとり若者仕事ぷらざ
島根県 ジョブカフェしまね
岡山県 おかやま若者就職支援センター
広島県 ひろしましごと館
山口県 YYジョブサロン(山口県若者就職支援センター)
徳島県 徳島県若年者就職サポートセンター(ジョブカフェとくしま)
愛媛県 ジョブカフェ愛work(愛媛県若年者就職支援センター)
高知県 ジョブカフェこうち(高知県就職支援相談センター)
福岡県 福岡県若年者しごとサポートセンター
佐賀県 ジョブカフェSAGA
長崎県 フレッシュワーク長崎
熊本県 ジョブカフェくまもと
大分県 ジョブカフェおおいた
宮崎県 ヤングJOBサポートみやざき
鹿児島県 キャッチワークかごしま(鹿児島県若者就職サポートセンター)
沖縄県 沖縄県キャリアセンター

ただ単純に就職支援を行うのではなく、各地域それぞれの特色を活かして、就職セミナーや職場体験などのサービスを受けられるのがジョブカフェの強みです。

地元での就職を考えている方は利用してみるとよいでしょう。

※都道府県によって、支援対象年齢が異なります。また実施されるセミナーによっては、中高年向けに行っていることもあるため、気になる方は電話で問い合わせてみましょう。

地域若者サポートステーション|15歳~39歳まで

地域若者サポートステーションは、厚生労働省が外部に運営委託している就職支援機関です。

就職支援の豊富な実績・ノウハウを持つ株式会社やNPO法人が業務を行っているため、民間の支援サービスに近いサポートが受けられるのが特徴です。

【サポステで受けられる各種支援】

  • コミュニケーション講座
  • 就業体験
  • ビジネスマナー講座
  • 就活セミナー
  • 集中訓練プログラム
  • パソコン講座
  • WORKFIT
  • アウトリーチ支援

参考:サポステって、どんなところ?|地域若者サポートステーション

働くことに悩む若者が身近に相談できる機関として、全国175ヶ所すべての都道府県に設置されています。

地域若者サポートステーション一覧

「人間関係がうまく構築できない」「働くことへの不安」など、あなたと同じような悩みを抱えた方が、サポステを利用しています。

1人での就活は、簡単ではなく、特に失敗が続けば諦めてしまいたくなるものです。ですが、同じ悩みを持つ仲間と成長できる環境があるサポステであれば、最後までやり遂げることができるでしょう。

初めての方でも安心!就職支援サービスの使い方

就職支援サービスが気になるけれど、使い方がわからないことを理由に利用をためらってしまうのは勿体ないです。

この項目では、転職エージェントとハローワークの2つを例にとって、使い方をレクチャーします。

転職エージェントの使い方

転職エージェントでは、求人紹介にあたって、キャリアアドバイザーとの面談が行われるため、会員登録が必須です。

氏名や年齢、電話番号、就業状況など、必要事項を記載して、まず登録を済ませてください。登録完了後、面談日程確認の連絡が来ますので、自身の都合の良い日を選びましょう。

面談は面接ではないため、スーツで行く必要はありませんが、あまりにラフすぎる格好(ハーフパンツにサンダルなど)は失礼に当たるため、避けたほうが無難です。

また、履歴書の書き方で悩んでいる場合は、面談時に持参していくと添削をしてくれます

面談後は、キャリアアドバイザーと相談しつつ、就職活動を進めていきましょう。

ハローワークの使い方

ハローワークを利用して就職活動を行う場合、求職申込み手続きが必要です。

ネットで申込みはできず、直接ハローワークで手続きしなくてはならないため注意してください。

求職申込書をハローワークで作成、受理されると、「ハローワークカード」が渡されます。ハローワークカードは求人紹介を受ける際や、就職相談をする場合などで必要となります。

申込書の書き方がわからない場合は、「記入例:求職申込書」参考にするか、ハローワークの職員に相談しながら記載するとよいでしょう。

またネットで申込み手続きを完了することはできないものの、「求職情報仮登録」を利用して、求職申込書の前作成が可能です。

「ゆっくり考えながら申込書を完成させたい」「ハローワークでの手間を減らしたい」という方は利用するとよいでしょう。

参考:求職情報仮登録|ハローワークインターネットサービス

まとめ

ニートを卒業したいけれども、就職できるか不安という方は、就職支援サービスの利用がおすすめです。

求人紹介をしてくれるだけでなく、履歴書の書き方やビジネスマナーなど、ニートが就職活動でつまずきやすいポイントを豊富な知識と経験でサポートしてくれます。

ニートでも利用できる就職支援サービスは、以下の4つです。

  • 転職エージェント|原則20代のみ
  • ハローワーク|年齢不問
  • ジョブカフェ|10~30代まで
  • 地域若者サポートステーション|15歳~39歳まで

それぞれと特徴や対象となる地域、年齢が異なっているため、自身の状況に合わせて、利用しやすいサービスを選びましょう。

ただし、就職支援サービスに任せれば、仕事が見つかるわけではありません。あくまでも、就職活動の手助けをしてくれるだけであり、進めていくのはあなた自身です。

受身姿勢ではなく、自分の力で就職活動を進める気持ちは忘れてはいけません。

就職支援サービスを使って、自身では手が届かない部分を補いつつ、就職活動を進めていきましょう。

人気の就職サイトおすすめランキング!