ニートが就活する際におすすめの就職サイト5選と良い求人を見つける知識

ニートで悩む男性
「ニートってどう求職活動すればよいのかな…。ハローワーク?転職サイト?」
「就職サイトを見ているが、求人の見方がわからない…。」
「求人サイトってどこを使うのがいいんだろう…。」

 

ニートであることに不安を覚え、就職したいと思ったものの、就職活動のやり方がわからずに迷われている方も多いのではないでしょうか。

就職活動のやり方は大まかに3つに分類できます。

  1. 転職サイト(求人サイト)や企業のホームページから直接応募する
  2. ハローワーク等の公的機関が運営する就職支援サービスを利用する
  3. 転職エージェントに登録する

就職活動に不安を持つ方にありがちなのが、どの方法が一番良いのかという考え方をしてしまうことです。

確かに、就職先がブラック企業だったら、仕事が続かず辞めてしまったらという不安はあるかと思います。ですが、その悩みは就活を始めてから悩めば十分です。

本気で就職したいなら、上記3つのやり方すべて使って就活しましょう

この記事では、3つのやり方のうち、就職サイトを使った就職活動について詳しく解説します。

 

【2019年最新】
ニート向け就職サイトランキングトップ3
👑1位 4.8
JAIC(ジェイック)
充実の研修サービスで、ニートの転職活動をゼロからサポート!
🔱2位 4.5
ウズキャリ
独自の掲載基準でブラック企業を排除。丁寧なカウンセリングで相談者に寄り添った転職支援が可能。
🌟3位 4.0
ハタラクティブ
支援実績15万人を超える老舗転職エージェント。東名阪福に拠点を持つ。
1問目/3問中
あなたの性別は?

 

目次

ニートでも登録可能な就職サイトを選ぶ際の3つのポイント

20代_女性_転職サイト

就職サイトを選ぶうえで、一番大切なのが自分に合ったサービスを見つけることです。

とはいえ、数ある就職サイトすべてに登録するのは現実的ではありません。何かしらの目安となる基準があったほうが探しやすいでしょう。

この項目では、サイトを選びの際に着目すべき3つのポイントを紹介します。

求人情報にニート歓迎などの要項が書かれている求人があるか

求人を見る際、応募資格や給与だけに着目しがちですが、その他にも仕事選びに役立つ情報が多く記載されています。

そのため、さまざまな項目について詳細に記載があるほど、応募前から多くの情報が得られるということです。

例えば「未経験歓迎」「入社後研修が充実」と記載がある求人は、ニートには魅力的に映りますよね。

しかし、よくよく求人を確認してみると、正社員ではなく派遣社員の募集であったということがままあります。

また求人を見ていると、月給25万円以上と記載があり、「未経験でもこれだけの給料がもらえるんだ」と期待が膨らむかもしれません。

月給記載の場合、残業代や深夜割増など各種手当が含まれているのが通常です。そうした各種手当を抜くと、15万円前後の基本給しか支払われてないかもしれません。

給料が詳細に記載されていない場合は、面接の際に確認するようにしましょう。

ニート向けのコンテンツが充実しているか

ご自身の力だけで就職活動を進めていくのであれば、サイト内に就活に関するコンテンツが充実しているかチェックしておくことをおすすめします。

色眼鏡で見られやすいニートの場合、あら探しをされないように隙を見せないことが大切です。

履歴書の書き方や面接での振る舞いによって、自身の魅力が半減せぬよう、就活に関する最低限の知識は身につけておかなくてはなりません。

中でも、既卒やニート・フリーター向けのコンテンツが豊富にあるかどうかは、1つの判断基準となるでしょう。

文章での説明はわかりにくい場合も多いので、Q&Aや動画コンテンツが用意されているかに着目して探してもよいかもしれません。

求人検索がしやすいか

自分に合った求人が見つけやすいかどうかも、就職サイト選びをする際は重要です。

どんなに求人が豊富なサイトであっても、自分に合ったもの(ここではニート歓迎求人など)が見つからないのでは意味がありません。また目当ての求人にたどり着けない場合も同様です。

焦るあまり早く就職先を決めるのもよくありませんが、時間をかけすぎても、意欲がそがれてしまうもの

サイトの検索機能が使いづらいために、求人探しに無駄に時間がかかる状況はおすすめしません。

そもそも、自分に合った求人がわからない場合は、自己分析をきちんとやっておきましょう。

キャリズム

この記事では自己分析を行う目的と、自己分析をする際に押さえておきたい重要なポイントについて説明していきたいと思います。…

 

ニートにおすすめ就職サイト5選

20代後半_転職

ニート向けの就職サイトというのは基本的にはなく、通常の就職サイトを使って、就活を進めていくのが通常ですが、ニートを専門・積極的に受け入れいている就職サイトはあります

【就職サイト一覧】

上記で紹介したポイントを考慮して、そのなかでも厳選した5つの就職サイトをご紹介します。

ジェイック(JAIC)|ニートの就職支援なら絶対の自信アリ

ニートorフリーターOKの求人数 非公開求人
既卒・ニート向けページ アリ
就活お役立ちコンテンツ アリ
適職診断 アリ
運営会社 株式会社ジェイック
公式サイト https://www.jaic-college.jp/

ジェイックは、20代のニート・フリーター・大学中退者に特化した就職支援サイトで、正社員として再チャレンジしたい方を広く受け入れています。

学歴や経歴で足切りにすることなく、もちろんニートでも利用することができます。ジェイックで採用したいと思っている企業も、ジェイックに登録している方が社会人経験の無いことや、フリーター経験しか無いことをわかった上で採用したいと思っています。

そのため、採用率81.9%という高い数字には信憑性があり、期待感は高く持っていて良いと思います。

他の就職支援会社と大きく違うジェイックの特徴は、フリーター・未経験・既卒・大学中退専門の無料就活講座があることです。

 

就職した方
一度も就職したことがなかったフリーターが、7日間の講義を受けて3社から内定をもらえた

 

というような実績が多数あり、無料のビジネスマナーから、履歴書・面接対策まで学べる就職講座を提供していますので、 自分の力だけで就活を進めるのに不安がある方は、活用するとよいでしょう。

口コミ

「女子カレッジ」コースに参加、合計4社から採用通知をもらう
26歳/女性

評価: 5.0私は都内に住む最終学歴は大卒な会社員女子です。2015年6月に当時26歳だった私は友人の「私はここで転職活動を成功させた」という良い情報を信じ、ジェイックに登録して転職活動をしました。「女子カレッジ」というコースに参加し、自分に足りないところや伸ばせるところなど自己分析しながら成長していけました。「何をすべきか」という具体的な指導があったし、それは日々のモチベーション維持の「考え方」の面も成長させてもらえた結果、普段ネガティブな私がポジティブな気持ちで選考に臨めました。その結果、紹介された合計4社全てから採用の通知を貰うことができました。しかも強く希望していた「正社員」という枠での採用だったし、条件も100%ではないもののかなりそれに近い企業を見つけることができました。具体的な指導や「自分が変われるきっかけ」をくれたジェイックには感謝しているし、本当に利用して良かったと思って忌ます。

研修さえ頑張ればほぼ確実に面接まで行けるので効率的
24歳/男性

評価: 4.0他のエージェントからはどこも紹介できないと断られた状況だった中で、こちらでは研修さえがんばればほぼ確実に面接まで行けるのでそれがよかったです。飛び込み実習は緊張しましたが、それは今の仕事でも役立っています以前は飛び込み営業をやらされていたことは聞きましたが、いまはやってないみたいですね。研修も1日とか3日とか選べるので、昔より利便性は高くなったんじゃ無いかと。営業系の案件に関しては充実しているので、コミュニケーションに自信がある方にはお勧めです。

【ジェイック(JAIC)】フリーター・既卒・ニート・第二新卒専門の代表格
5.0

社会人としてのスキルや考え方も身につく就職支援の最大手

既卒・第二新卒・中退・フリーターなど経歴に自信のない方でも正社員への就職成功率80.3%という数字を実現。古くからフリーターや既卒・ニートを対象にした就職支援を行うリーディングカンパニー。

Re就活|初めての就職・転職にこころ強いサポート

Re就活

既卒orフリーターOKの求人数 696件(2019年4月現在)
既卒・ニート向けページ アリ
就活お役立ちコンテンツ アリ
適職診断 アリ
運営会社 株式会社学情
公式サイト https://re-katsu.jp/career/

Re就活は、20代向けの就職サイト。登録に学歴や経歴は問われないため、ニートでも利用することができます。

これまでの実績・経験ではなく、将来性に期待して募集をかけている求人を中心に掲載しているので、就活を始めようという方は登録しておいて損はありません。

定期的に就職イベントが開催されているため、自分の力だけで就活を進めるのに不安がある方は、活用するとよいでしょう。

口コミ

Re就活の公式サイト:https://re-katsu.jp/career/

エン転職|定着率に重きをおいたサポート体制に強み

既卒orフリーターOKの求人数 283件(2019年4月現在)
既卒・ニート向けページ ナシ
就活お役立ちコンテンツ アリ
適職診断 ナシ
運営会社 エン・ジャパン株式会社

TVやネットで良く広告が流れているため、名前だけは聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

「転職」とありますが、社会人経験のない既卒やニート、フリーターも登録が可能です。

エン転職のよいところは、求人情報と合わせて会社の口コミが知れることです。求職者が書く履歴書と同様に、求人票には基本的に良い情報しか掲載されません。

一見雰囲気がよさそうな会社がブラックなんてことがあり得るため、現・元社員の口コミ確認できるのはありがたいですね。

ただし、口コミは不満を持つ方が投稿するケースが多いので、鵜吞みにし過ぎないことが大事です。

口コミ

DODA|圧倒的求人数でニート可の案件もある

既卒orフリーターOKの求人数 293件(2019年4月現在)
既卒・ニート向けページ ナシ
就活お役立ちコンテンツ アリ
適職診断 アリ
運営会社 パーソルキャリア株式会社
公式サイト https://doda.jp/

DODAは総合人材サービスであり、幅広く分野の求人を扱っていますが、既卒・フリーター向けでは、営業・販売職の求人が多いようです。

またDODAは他のサービスに比べて、サイト内のコンテンツが非常に充実しています。実際に就職活動を行った方の体験談が掲載されているため、あなたが持つ不安や悩みを解消するきっかけになるのではないでしょうか。

口コミ

リクナビNEXT|転職活動なら誰もが一度は見るサイト

既卒orフリーターOKの求人数 255件(2019年4月現在)
既卒・ニート向けページ ナシ
就活お役立ちコンテンツ アリ
適職診断 アリ
運営会社 株式会社リクルートキャリア

人材紹介サービス最大手の「リクルート」が運営する就職サイトです。

リクナビNEXTの魅力は「グッドポイント診断」を活用して、自己分析ができること。

ニート期間は確かにマイナスな印象を与えてしまいます。だからこそ、自身の強みを見つけてアピールできるようになっておかなくてはなりません

グッドポイント診断を活用して、自分のことを客観的に見つめ直してみましょう。

口コミ

 

就職サイトを使った就職活動でニートが苦戦してしまう理由

就職サイトを使って、やみくもに応募をすれば受かるかと言われれば難しいといえます。

やはり、就職活動についての知識が必要不可欠です。

この項目では、就職サイトを使った就活でニートが苦戦しやすい理由を解説します。

アピールの仕方がわかっていない

就職活動において大事なのは、どう自分をアピールするかです。

会社はあなたを養うために、雇うのではありません。この人は、会社の発展に協力・貢献してくれる人を雇いたいのです。

採用にはお金がかかっている以上、シビアになるのは当然といえます。

ですが、社会人経験がないニートに対して、採用直後から即戦力で働くことを期待しているわけではありません。

人柄や雰囲気が社風に合うかどうか、成果を出すために考えて行動できるかなど、会社の一社員として働く素養があるかどうかを確かめています。

仮に長所が真面目だとすれば、その真面目さをどう会社の業務に活かせるかが知りたいわけです。

何をしたいか定まっていない

会社に雇ってもらうことを優先するあまり、ひっきりなしに応募をしている人は少し注意が必要かもしれません。

雇ってもらえればどこでもよいというのは、一見やる気があるように聞こえますが、実際は何も考えていない印象を与えやすいです

応募した会社で、どんな仕事をして、どう成長していきたいのか、難しいかもしれませんが考えてみましょう。

やはり、行き当たりばったりで無計画な人より、ビジョンが明確になっている人の方が魅力的に映ります。また、好きでない・興味のないことを続けるのは想像以上に辛いものです

長く働き続けるという観点からも、自分が何をしたいのか見直しておきましょう。

応募企業のことがわかっていない

自分をうまくアピールするだけで、就職活動がうまくいくわけではありません。応募先の企業についても、きちんと下調べしておく必要があります。

いくら応募先の企業に熱意や意欲を伝えたとしても、手掛けているサービスさえ知らなければ、「ウチの会社に大して興味がないんだな」思われても仕方ありません。

本音をいえば、お金のために働くのであり、応募先の企業に興味はないかもしれませんが、そこは社会人として避けて通れない道です。

きちんと企業研究を行い、その会社のサービス内容や業界内での立ち位置などがわかってくれば、自身の将来的なキャリアを考える手助けになるはずです

 

結論|ニートは就職支援サービスも合わせて使いましょう

ご存知の方もいるかもしれませんが、ニートの就活に役立つサービスは就職サイトだけではありません。

「ハローワーク」や「ジョブカフェ」などの公的機関が運営するサービスジェイックやウズキャリなどの民間企業が運営する「転職エージェント」もあります。

もし「就職活動がうまくいっていない」「自分に自信が持てず、一歩が踏み出せない」のであれば、ぜひともこれらの就職支援サービスを有効活用してください。

社会人経験がない・浅いとはいえ、ニートやフリーターは新卒採用枠にまわされることはありません。

サービス名 特徴
就職サイト
  • 自身のペースで就活を進められる
  • さまざまな企業に応募できる
  • 自身で企業研究や履歴書の作成をしなくてはならない
  • 情報不足による不利が否めない
ハローワークなどの公的機関の就職支援サービス
  • 履歴書の添削や面接対策が受けられる
  • 職業訓練が受けられる
  • 就活で悩んだ際に相談員によるアドバイスが得られる
  • 掲載基準が甘いため、ブラック企業の求人も少なくない
転職エージェント
  • プロのキャリアアドバイザーに相談できるため、自信を持って
  • 就活のぞめる
  • 履歴書の添削や面接対策が受けられる
  • 職業訓練が受けられる
  • ブラック企業の求人がないことを売りにしてるサービスが多い

社会人経験枠で中途採用組と争うことになるため、どうしても就職活動は苦戦しがちです。そうした不利な状況の中、勝ち残っていくためのサポートをしてくれるのが就職支援サービスです。

求人紹介をするだけでなく、履歴書の書き方や面接の指導、また社会人経験がない方のために、ビジネスマナー研修等も行っているため、ニートの方でも安心して利用できます。

インターネットで検索すると悪い評判もあるため、利用するのが不安になるかもしれませんが、さまざまなサービスを併用することで、いいとこどりが可能です。

自分にあった就活方法を見つけましょう。

脱ニートを目指すあなたにおすすめの転職エージェント5選|口コミ/評判で比較

 

 

ニートから社会復帰できた人の声

周囲の友人や同期が社会人として活躍している中、自分はニート…。「人生詰んだ」と心折れてしまう気持ちはわかります。

ですが、ニートから社会復帰を果たした人間もいるため、諦めてはいけません。ニートから社会復帰できた人の声を集めましたので、ぜひ参考にしてください。

約1年のニート生活から復帰

ニート生活が響いているも復帰

半年ほどのニート生活から復帰

2年間ニートのち社会復帰

1年半のニート生活から少しずつリハビリ中

ニートが転職サイトを使う際に知っておくべきこと

就職サイトで求人を探していると、「これ、どうなんだろう?」と疑問に思うこともあるかと思います。

就職サイト利用時に、よくある質問をまとめましたので確認しておきましょう。

未経験歓迎って社会人経験なくても応募できる?

「未経験歓迎」と記載のある求人を中心に、職場選びをする方も多いと思いますが、何をもって「未経験」なのか迷いますよね。

結論から言ってしまえば、応募自体は可能です

未経験歓迎は大きく分けると、「社会人経験なし」「社会人経験はあるが、その業界・職種で働いたことがない」の2パターンがあります。

ニートにとっては、前者を希望でしょうが、はっきり記載されていないケースが少なくありません。応募してよいのか迷うかもしれませんが、気になった求人であれば応募しておきましょう。

そもそも、経験者募集の求人であっても、ニートが応募してはいけないわけではありません。ただ、書類選考の段階で落とされてしまうケースが多いだけです。

ですが、まったく可能性がないわけではないので、余裕があれば送ってみてもよいでしょう。

なお、「社会人経験なし」の意味の未経験歓迎でも、法規制上の都合でそのように記載している企業もあります

参考:その募集・採用年齢にこだわっていませんか?|厚生労働省

そのため、未経験歓迎の記載に、あまりとらわれすぎず、内情を知っている就職サイトの担当者に聞いてみるのが良いでしょう

求人票と面接で聞いた労働条件違う…

求人票に記載されていた労働条件と、契約書の内容に相違があった場合は、一旦、契約を結ぶのは待った方がよいでしょう。

就職サイトに掲載されていた求人票は、あくまで募集をかけているだけであり、その内容があなたの労働条件となるとは限りません

とはいえ、事前に契約内容の変更に同意していた場合など、特別な事情がない限りは、求人票の記載内容での契約となります。

もし、よくわからないうちに契約内容が変わっていたのであれば、労働基準監督署や弁護士に相談しに行きましょう

【関連記事】労働問題弁護士ナビ

書類選考・面接の返信が期限内に来ないのは不合格?

書類選考や面接の結果の通知が、指定のあった期限に来ないと不安になりますよね。

不合格だから連絡を忘れられたのか、忙しくて返信ができなかったのか、モヤモヤした気分で待たなくてはなりません。

1日、2日程度の待っても良いかもしれませんが、1週間前後、連絡がなければ不合格と考え、次に切り替えたほうがよいでしょう

そもそも、どのような事情があれ、何の通知もなく、1週間も連絡が遅れる会社は働きやすい環境とは思えません。

資格は就職に役に立つ?

業務を行うのに必須な資格でもない限り、通常は実務経験のほうが優先されます

例えば、簿記の資格を持っていれば、事務や経理について多少なりには知識があると判断することはできます。

ただし、勉強で得た知識が、そのまま実務で役立つといえばNOです。

資格はプラスαとして評価されることはあっても、採用を決定づけるわけではないので注意しましょう。

面接の翌日から出勤してって依頼は断れる?

いくらニートであるとはいえ、入社のための準備もありますので、断ったからといって内定を散り消されることはないでしょう

ただ、面接中に「いつからでも働ける」と言っていた場合は、断ると心証が悪くなるかもしれません。

 

まとめ

社会人経験のない・浅いニートにとって、就職活動の不安や悩みは尽きないものです。

どう就活を進めていけばよいかわからないがために、行動できなくなってしまうのが一番よくありません。

就職サイトを使って、就活をしようと考えている方は、使いやすさを中心に選ぶとよいでしょう

求人の質で比較するのは難しいですし、いくら数が多くても、自分の条件に合った会社が見つけられないようでは意味がありません。

ただでさえ、就職活動中はストレスが溜まりやすいので、求人を探しにくいサイトは避けておきましょう。

以下の就職サイトは、未経験・既卒・フリーター歓迎求人を探しやすいのでおすすめです。

 

もし、ご自身だけで就職活動を進めるのが不安であれば、ハローワークや転職エージェントなどの就職支援サービスを利用するとよいでしょう。

求人紹介だけでなく、履歴書の添削や面接対策などのサービスを無料で受けられるため、就職活動に悩むニートにはもってこいです。

さまざまなサービスを併用しつつ、社会復帰を目指しましょう。

ランキングバナー